スポンサーサイト

  • 2017.06.07 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ライフプランからみる金融商品の利用のしかた

    • 2017.06.07 Wednesday
    • 16:20

    子どもが1歳と4歳の家庭Aさん、ジョギング

    これから教育費の出費が予想される。

    といってもまだ具体的ではなく統計上の必要額を参考にしていくことになります。

    就学進学の時期はおおよそ予想がつくが、進路次第であって、約1520年後の状況は想像できません。

     

    リタイア近くで、子どもは独立したというBさん。車

    教育費の問題は解決済ですが、いつまでいくらの勤労所得を予定するのか、

    リタイア後の収支が見えていないことや夢達成のための資金はどのくらい用意できる?に関心があります。

     

    20代〜、30代〜やりたいことがいっぱい!まだ結婚したくないな・・・というCさん。船

    人生において攻めの姿勢が多い年齢では、

    一般的にリタイア後の生活のためにコツコツと考えるよりも いまの生活スタイルにウエイトをおいて楽しく暮らしたい。など・・・。

     

    近年、多様性ということばがよく使われています。

    Aさん、Bさん、Cさんの3パターンだけではありませんね。

    10人いれば10の人生があります。植物

     

    貯蓄をしていれば いざというとき大丈夫だと思っている方、最近は少なくなってきましたが どうでしょう?

    あわてても 過ぎた時間は戻ってきません。ああしておけばよかったなど まさに時間逸失リスクです。

     

    金融商品に興味をもち、3つの選択があったとしたら、しっかりと違いを理解しておきたいものです。

    もっといえば、それぞれを選択したときのメリットとデメリットが数字上で確認できるのがベターです。

    もちろん、我が家の家庭にとってその選択が与える影響が時系列的に理解できるのがベストです。

    なぜならば、選択した時点が 「いまだけの一時的なものではない」からです。財布

     

    買うか、かわない、借りるか借りない、いま返すか?加入するかどうするか?

    書ききれないほどの意思決定ですね。

     

    お金にまつわる人生の選択に満足していますか。気がついたら 修正してみましょう。鉛筆2

    平均寿命と平均余命について

    • 2015.11.17 Tuesday
    • 14:34
    「平均寿命」と「平均余命」について
    似ているようで違う、2つのことばについて解説します。

    まずは 「平均寿命」です

    2014年7月30日(最新) 厚労省の調査で

    「平均寿命」 男性80.50歳、女性86.83歳となっており

    男性は2013年世界第4位から1ランクアップの 第3位
    女性は 3年連続 世界第1位となりました。

    ここまでは前回ご案内しました。

    では、「平均余命」ということばはどう違うのでしょうか。

    「平均寿命」は0歳のひとがどのくらい生きるかの平均余命なのです。
    (平均寿命と平均余命は微妙にちがいますね)

    そこで、60歳のひとの「平均余命」はいくつなのか?・・・という数値をみてみましょう。
    60歳まで経過しているから、「平均寿命」の数値から引き算したいと思いますが、
    男性が20.50歳と、女性26.83歳ではありません。

    60歳での「平均余命」は
    男性で23.36歳(つまり合計83.36歳)、女性は28.68歳(つまり合計88.68歳)なのです。
    つまり、長く生きている方の「平均余命」は少し長くなるわけです。

    65歳のリタイア年齢からすると、(ついこの前までリタイアは60歳と話していました)、そこから20年ほど長く計画しておく必要があるということです。
    こころと経済的な面でも豊かに迎えたいものです。


    金融広報中央委員会がH26年に行ったアンケート調査では
    金融資産がない世帯(二人以上世帯)は全体の30%以上にのぼります。
    40歳、50歳代の子育てと宅ローン負担額が重く、資産形成がうまくいかない現状があります。

    誰もが不安のない人生を、おくりたいものですね。

    ご相談に合わせて
    キャッシュフロー表(物価上昇等、勘案)を作成、アドバイスを行っています。

    枝川FPコンサルティング株式会社  http://edagawa-fp.com/

    平均寿命とリタイア後の収支について

    • 2015.10.16 Friday
    • 14:09
    人生90年時代といいます。

    はたして、いくらの収入と支出があるのでしょう。
    当然ながら、「勤労所得」が得られる年数には、限りがあります。

    自営業で定年退職はないという方もおありかと思いますが。
    まずは、平均寿命をみていきます。

    最新は2015年7月30日発表の

    2014年の
    男性の平均寿命 80.50歳、世界第3位、前年は4位 (2013年は80.21歳)
    女性の平均寿命 86.83歳、世界第1位、3年連続 (2013年は86.61歳)


    そこで、平均寿命とべつに数値を発表しているものがあります。
    それが、健康寿命といいます。

    こちらのデータは少し前のものですが
    男性 70.42歳
    女性 73.62歳
    出典:
    健康寿命 (H22年)は、厚生労働科学研究費補助金「健康寿命における将来予測と生活習慣病対策の費用対効果に関する研究」 より

    「平均寿命と健康寿命の差」については、
    今後、別のテーマとして書いていきますが
    働くことができない時期もでてくるのだけど、
    暮らしていくことができるように、
    見通しがきく家計でなければならないということです。
    収入があるから、買う!という行動でよいでしょうか。

    住宅取得、教育資金、マイカー取得、、、、ローンが組めますが
    リタイア後はどうでしょう。
    現役世代だけでなく
    一生涯の暮らし方、消費生活そのものの 「家計収支を確認する」ことが必要です。
    人は一生の間、
    消費者であり続けます。
    この購入は〇なのか×なのか?
    想像しても ピンとこない?というわけですね。
    数値化していくことで、時系列的な流れが分かります。

    タイトル 「リタイア後の収支を試算する!」
    いかがでしたか。

    ご相談に合わせて
    キャッシュフロー表(物価上昇等、勘案)を作成、アドバイスを行っています。

    枝川FP事務所
    http://edagawa-fp.com/